作品紹介

のんびりマイペースすぎる蠍座の妻と、人目が気になる時間厳守の乙女座の夫。そんな2人だから休日も、それぞれやりたいように過ごすほうがいい。ある日ぼくの日帰りドライブにくっついてきた妻が、何だか華やいで見える。「なんか、いいことでもあった?」「あとで言う」ぼくは子供のころから車の中という空間が好きだった。ハンドルを握って景色が後ろへ流れていくと浮かぶ、楽しい空想。あれ、もしかしてもしかすると?

担当編集者より
ここではない、どこかへ――そんな気持ちになったことはありませんか。偶然出会ったかつての恋人と、妻と、弟と、あるいはひとりで、お気に入りのクルマに乗り込んでドライブへ出かける、ここにはない「なにか」を求めて……。当代きっての短篇の名手8人が、その腕を競いあう、じつに贅沢な短篇集です。週末の昼下がり、お気に入りのウェグナーのチェアに腰を下ろして、ページを開いてください。ここではない、どこかへ、あなたをお連れします。(NY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く