作品紹介

孤独とは、なんと美しいものか。待望のノベルス化!

失踪した後輩が通っていたのは、少し変わった料理店。予約のたびに場所が変わり、毎回違う若い女性が相伴してくれる。ノベルス判

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
小山が後輩から勧められた料理店は、いっぷう変わったところだった。場所は予約のたびに変わり、決まった店員は三十代と思しき女将がひとりだけ。そして、毎回違う若い女性が食事に相伴してくれるのだ。とまどいつつも、あたりさわりのない会話をつづける小山は、しだいに、その店のもつ雰囲気に惹かれてゆく……。孤独とは、なんと美しいものか。人と関係を築くとはどういうことか。瑞々しい会話と幻想的な描写、そして最後にはあっと驚く仕掛けも……。味わい深い森ミステリィ、待望のノベルス化です。(II)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く