作品紹介

奇想天外な発想と作風で魅了する異才の新人!

鳥に変身した男をめぐる惨劇を描く文學界新人賞受賞作と、絶滅したはずの恐竜に母を飲まれた女性を襲う恐怖を描く最新作他1篇

担当編集者より
「ひとが鳥に化けるって!」「恐竜がお母さんを呑み込む?」「まさか、胡蝶蘭が!」と意表をつく展開に息を呑むことでしょう。最近の若い作家のなかには、かつての自然主義的リアリズムにとらわれない作品を発表しつづけるひとたちがいますが、藤野さんもそのひとりです。では、小説にとって〈リアル〉とは何でしょうか。藤野さんの作品を読みはじめれば、そこには強靭な筋肉をもった文章が小説的現実をしっかりと支えていることに気づきます。一方でそこから逸脱しようとするファンタジーが息づいている。そのふたつが拮抗するスリルとサスペンスこそが大きな魅力です。(NY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く