作品紹介

1976年、スティーブ・ジョブズが立ち上げた小さなパソコンメーカーは、約35年の時を経て、50兆円を超える時価総額をほこる巨大メーカーに変貌した。多くのアップルファンは、その美しいデザインや斬新なアイディアを絶賛し、カリスマ経営者だったジョブズの遺した言葉の一つ一つに今も酔いしれている。

しかし。その徹底した秘密主義ゆえに、多くのメディアはいまだにアップルの正体を突き止められずにいる。例えば、軍隊のような組織作りや、「植民地経営」のような下請けメーカーの締め上げ方、そして利益やコストへの偏執狂的なこだわり。それらが表に出されることは決してなかった。だが「週刊ダイヤモンド」誌の若手記者である著者らは、かつて日本が世界を席巻した家電を筆頭に、通信、流通、音楽やゲームなどの輝かしい歴史が、アップルによって次々に呑み込まれていく現場を目撃してきた。
本書では、アップルと関わってきた大手企業のビジネスマンからエンジニア、町工場の社長、デザイナー、ミュージシャンまで無数の人々の証言を集め、「アップル帝国」ともいえる過酷な経済圏の誕生を初めて世の中に明らかにすることを目指した。
これは日本からしか見えない、アップルの獰猛な真の姿の記録である――。

●プロローグ アップル帝国と日本の交叉点 ●第1章 アップルの「ものづくり」支配 ●第2章 家電量販店がひざまずくアップル ●第3章 iPodは日本の音楽を殺したのか? ●第4章 iPhone「依存症」携帯キャリアの桎梏 ●第5章 アップルが生んだ家電の共食い ●第6章 アップル神話は永遠なのか ●エピローグ アップルは日本を映し出す鏡

担当編集者より
誰もが知っているiPhone。しかしその重要部品の多くを日本企業が作っていることはほとんど知られていませんでした。著者らはアップルの徹底した秘密主義の奥へ、果敢な取材を積み重ねます。圧倒的なブランドパワーを武器に、日本の高い技術を吸い上げ、支配する「帝国主義経営」。カリスマ・ジョブズの光彩に隠れていたその正体は、日本から見て初めて明らかになります。彼らがいかに日本を支配し、ジョブズ亡き後どこへ向かうのか。誰も触れられなかった秘密に切り込む、衝撃のドキュメントです。(TN)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く