電子書籍
電子書籍

マラソン中毒者北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン

小野 裕史

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2013年09月06日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ベンチャー企業の投資家として世界を飛び回る著者が、「ラン」と出会ったのは、4年前。当時はスポーツとは無縁の超インドアおでぶさん。初めはWiifitだった。それでは飽き足らず、外に出始めたら、あっという間にのめりこみ、2011年にゴビ砂漠250キロ、サハラ砂漠250キロ、2012年に北極点マラソン、南極100kmマラソンを完走。2013年3月にはチリのアタカマ砂漠250キロでチーム戦優勝を果たした。5月には日本の川の道520キロを6日間かけて完走し、ハイペースでレースに出場し続けている。現在、参加したレースは80を超える。彼のランの特徴は、記録にこだわるレースもあれば、被り物(最近は主にダイコン)をして楽しんでレースに臨むところ。本書は、世界一となったアタカマ砂漠完走記を中心に、北極点マラソン、南極マラソン記も収録。我々が通常見ることのできない様々な景色を、ランを通じて筆者が見せてくれる。そして、なぜ彼はチャレンジし続けるのか、その答えは読むものを刺激する。52ページのカラー写真も併せて楽しめる。

担当編集者より
ある時はベンチャー企業の投資家、またある時は250キロの砂漠レースで優勝してしまう38歳の市民ランナー。4年前は超インドアおでぶちゃんだった著者は、今や1年で北極、南極、砂漠を走っても飽き足らない”変態”ランナーに成長。本書は、今年3月に参加したチリのアタカマ砂漠レースでチーム戦優勝を果たした際の感動的日記を中心に、極地マラソン完走記も収録。なぜ、そんなに突っ走るのか、読んでも理解できないかもしれないが……我々を知らない世界へとぐいぐいと誘ってくれる1冊。(MF)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く