作品紹介

「円高・円安」や「反日」など、身近なナゾが現代史から解けます!

東西冷戦後の激動の世界史、知ったかぶりで冷や汗かきませんか? ビジネス、投資にも必須、グローバル化時代の真の教科書です。

【目次】
はじめに 冷戦がわかると「この世界のかたち」が見える
1 東西冷戦 世界はなぜ2つに分かれたのか
2 台湾と中国 対立しても尖閣で一致するわけ
3 ソ連崩壊 社会主義の理想が「怖い国」になるまで
4 北朝鮮 なぜ核で「一発逆転」狙うのか
5 中東 日本にも飛び火? イスラエルやシリアの紛争
6 キューバ危機 世界が核戦争寸前になった瞬間
7 ベトナム戦争 アメリカ最大最悪のトラウマ
8 カンボジア 大虐殺「ポル・ポト」という謎
9 天安門事件 「反日」の原点を知っておこう
10 中国 「経済成長」の代償を支払う日
11 通貨 お金が「商品」になった
12 エネルギー 石油を「武器」にした人々
13 EU 「ひとつのヨーロッパ」という夢と挫折
14 9・11 世界はテロから何を学べる?

担当編集者より
東工大講義シリーズ「世界篇」「日本篇」につづく第3弾は、冷戦後の世界現代史です。
私たちの記憶に新しい9・11アメリカ同時多発テロ。しかし、あの突入映像は今やテレビで放映されません。子どもにトラウマを与えるからです。しかも学校でも背景は説明されないので、ニュースがわからない! 「反日」のおおもととなった天安門事件や、アメリカのシリア攻撃と原油価格、そもそも円高とは何か。ビジネスマンに必須の教養を、池上さんが解きほぐします。(AW)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く