電子書籍
電子書籍

インサイドボックス 究極の創造的思考法

ドリュー・ボイド ジェイコブ・ゴールデンバーグ 池村千秋訳

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2014年06月06日
  • ジャンル:政治・経済・ビジネス
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

画期的な発想や発明、枠の外(アウトサイド・ボックス)で考えて初めてできる、というのがこれまでのビジネス本や思考法について書かれた本の定説でした。

ところが、コロンビア大学のビジネススクールのジェイコブ・ゴールデンバーグとP&Gなどのメーカーでイノベーションを指導してきたドリュー・ボイドが、実際に歴史上のイノベーションと呼ばれるものを400例以上研究したところ、それはまったく逆だった、ということがわかります。

おおきなブレークスルーは実は「制約の中」(インサイド・ボックス)で考え抜くことで生まれたことを豊富な実例をもとに、立証していきます。たとえばアウトサイドボックスの代表例としてよく出される走り高跳びの「背面飛び」。

それまでのうつぶせで飛ぶ「ベリーロール」の発想を逆転させたと言われていましたが、実は、これを発明した選手は、はさみ飛びを変化させていって「背面飛び」に行き着いたことを著者二人はつきとめます。

この他にも、洗剤から汚れを落とす成分をとりさってみる、携帯電話から電話をかける機能をとってみる、メールの字数を140文字に制限する、など画期的なイノベーションを生んだ「インサイドボックス」の思考法を紹介していきます。脳髄をしぼりながら、徹底的に考える。あなたの仕事にもききます。

担当編集者より
イノベーション、クリエイティブ。現代のビジネスマンに欠かせないどころか、幼児教育にまで言われるキーワードです。でも平均的日本人の自分には枠から飛び出す発想力なんてないよ……と思う方も、大丈夫! 本書の『インサイドボックス』とは、制約条件の中で方法論どおり考えると次々イノベーションできるという、極めて日本人向けの思考法です。コロンビア大学ビジネススクール教授の著者らが編み出した引き算、掛け算、関数などのテクニックで、日常生活でも仕事でも、創造的アイデアを必ず見いだせます!(TN)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く