作品紹介

「私はなぜこの運命を背負ってしまったのか。」
全身熱傷からの生還。生と死を見つめた魂の手記!

1980年夏、新宿西口バス放火事件。死者6人の無差別犯罪に日本中が騒然とした。
著者は全身80パーセントの大火傷で、瀕死となった。
事件の陰には信じられないようなドラマが秘められていた。
報道カメラマンの兄が、妹が乗っているとは知らず、炎上するバスを撮影。明暗をわけた一枚の写真が兄妹の仲に陰を落とす。いつまでも「被害者」として過剰に接する母からの自立。そして、不倫の恋をしていた19歳年上の仕事仲間と結婚するも、夫はのちにレビー小体型認知症となり死去。
なにより凄まじいのは、著者は、放火事件の加害者M青年の不幸な生い立ちを知るにつれ、「自分もまた彼を加害者の側に追いやった人間のひとりではないか」と考え、刑務所で面会、文通をし、赦そうと試みたのだ。それによって自分も「被害者」の冠を外して歩みだせるのではないか――しかしそれもMの獄中自殺によって絶たれてしまう。
いったい自分の人生とは何だったのか。かくも過酷な運命を生き、死ぬことの意味は何なのか。
事件当時の輸血がもとでC型肝炎になり、肝臓がんを発症して余命宣告を受けた今、著者は、この生と死を納得するための思索の旅をふたたび始めた。
NHKスペシャル「聞いてほしい 心の叫びを~バス放火事件 被害者の34年」(2014年2月放映)に感動の声、続々! 石原慎太郎氏からの手紙も収録。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
一九八〇年、新宿西口バス放火事件。死者六人、無差別犯罪の原点ともいわれる事件です。著者は全身火傷で瀕死となったにもかかわらず「犯人だけが悪いのか」と問い、獄中の加害者に面会します。しかも、認知症の夫を看取った後、事件の輸血がもとでC型肝炎から肝臓がんになり余命宣告――。この過酷な人生を問い直すさまを取材したNHKスペシャルは大反響、石原慎太郎氏も激励の手紙を寄せられました(本書に収録)。心の傷のカサブタを剥いで考え続ける著者に圧倒されます。人生の深淵に触れたい方に。(AW)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く