作品紹介

「急いで高台へ避難してください」
東日本大震災の時、遠藤未希さん(南三陸町職員)は
最後まで放送で呼びかけ続け、津波にのまれてしまいました。
本書は、彼女の母・美恵子さんの手記です。

未希さんの勇気ある行動は「命の呼びかけ」と称賛されました。
しかし、その一方で美恵子さんは喪失感に苛まれ続けます。

ある日、未希さんの遺品を整理していると、一通の手紙をみつけました。
そこに書かれていた一文に勇気づけられ、美恵子さんは決心したのです。
娘の遺志を語り継ぐために、民宿「未希の家」を作ろうと――。

最愛の娘を失った絶望感にたびたび襲われながらも、
母親として魂を再生させていく物語です。

[目次]
序 章 命の呼びかけ
第1章 手がかりを探して
第2章 見られなかった花嫁姿
第3章 「最期の声」を聞きたい
第4章 防災対策庁舎の解体
第5章 未希からの手紙
第6章 あなたの名前を叫びたい
終 章 亡き娘と共に生きる

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
未希さんの行動は「命の呼びかけ」と言われ、称賛を浴びました。しかし、その一方で母の美恵子さんは喪失感と絶望に苛まれていました。「未希の家」を完成させるまで、どのようにして美恵子さんは立ち直ることができたのでしょうか。魂の再生の軌跡が赤裸々に語られています。
タイトルは、未希さんが棺に入って自宅に戻ってきた時、一直線の虹が出たことに由来しています。それをモチーフにしたイラストを、未希さんの妹・千菜さんが描いてくださり、帯に使用しています。
目次
まえがき

序 章 命の呼びかけ

第1章 手がかりを探して

第2章 見られなかった花嫁姿

第3章 「最期の声」を聞きたい

第4章 防災対策庁舎の解体

第5章 未希からの手紙

第6章 あなたの名前を叫びたい

終 章 亡き娘と共に生きる

あとがき

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document