電子書籍
電子書籍

侵入者自称小説家

折原 一

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2014年10月31日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

一家強殺事件を、再現劇で推理する?

自称小説家の塚田は未解決の一家強殺事件を取材し、遺族をキャストに迎えた再現劇で犯人を推理する。トリックの魔術師の最新長編。

担当編集者より
北区十条で起きた一家四人殺害事件。迷宮入りが囁かれる中、〝自称小説家〟の塚田慎也は遺族から「事件を調査してくれ」と依頼を受ける。以前、同じく未解決の資産家夫婦殺人事件のルポを書いたことから白羽の矢が立ったのだ。調査を進める中で見えてくる二つの事件の奇妙な共通点。やがて塚田は、あるアイデアを思いつく。遺族をキャストに事件現場で再現劇を行い、犯人をあぶり出すのだ。折原一さんの大好評「○○者」シリーズ最新刊は、これまで以上の怖さと面白さ。再現劇の観客、それはあなたです!(SY)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く