作品紹介

常識外れのグローバル仕事術!

カルロス・ゴーンCEO直轄プロジェクトで、日産GT-Rを
「ヒト・カネ・時間は通常の半分」という非常識な方式で世界一に導いたカリスマ・エンジニア、水野和敏さん。
その発想法は、新しいアイデア、チーム運営、ブランド構築など、イノベーションの起こし方のヒントにあふれています。

・宣伝費はゼロ。アラブの王族にクチコミさせる。
・「漏れ聞こえる」オフィスにせよ。
・リーダーは30分遅く出社しろ。早く帰れ。
・失敗させてチームをつくる。
・英語はできないほうが効く!
・ノートはとるな。
・恋愛しろ。思考のプロテクトを外せ!

そして最終章で明らかにされる、
日産を退社後の「アジア圏での新たな挑戦」とは――。
「誰もやってないことだから、やるんだよ!」の“水野節”で元気がでる一冊です!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
日産GT-Rを開発したカリスマ・エンジニア水野さんは、「水野節」と言われるアツーい語り口でも有名。「バカになれ!」というのは、周囲から非常識と思われるほど本質を追及せよというエールです。日産退社後の海外での新たな挑戦も明かされます!(AW)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く