作品紹介

植物性吸血鬼バンブーとの許されぬ友情物語

竹から生まれた吸血種族バンブー。固い掟で自縛し、ひっそりと暮らすバンブーが、ある日、人間の孤児を拾った。禁じられた絆の物語。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
少年「梗」を死の淵から救ったのは、竹から生まれた吸血鬼バンブーだった。くそったれの神さまの支配する町で、死に損ないの少年は必死に生きる。バンブーに命の「火」のかけがえのなさを教えられながら。「ムスタァ、ぼくのバンブー!」。生のよろこびとかなしみに満ちた、大河的青春吸血鬼小説誕生!
目次
「ちいさな焦げた顔」「ほんとうの花を見せにきた」「あなたが未来の国に行く」

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く