作品紹介

リンカーン・ライム、凄腕スナイパーに挑む

政府に雇われた狙撃手に暗殺された男は無実だった。この策謀に挑むライムの捜査が始まる。隠蔽工作よりも早く真実にたどり着けるか。

この作品の特設サイトへ(外部リンク)

担当編集者より
秋の恒例、ジェフリー・ディーヴァーが登場、リンカーン・ライム・シリーズ最新作です。四肢麻痺の科学捜査の天才ライムの今回の「敵」は、何と合衆国政府の謀略機関。反米活動家を不法に暗殺した機関を訴追すべく動くライムと仲間たち。2000メートルの長距離狙撃を成功させたスナイパーは何者か。次々に証人を消してゆく暗殺者の魔手に脅かされながら、微細な証拠から大胆に飛躍するライムの推理が、巧妙に擬装された陰謀を暴きます。
(SN)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く