作品紹介

人は何度でも蘇生する。「ナナフシ」のように

誇りを無くした男と、夢を失った少女。愛情を注ぎ合う親子のような二人が、傷付きながらも再生していく様を描いた奇跡の人間ドラマ。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
みなさんは、周囲に擬態し、四肢を自切し再生することで自然界を生き延びようとする「ナナフシ」という不思議な昆虫をご存知でしょうか。経済小説の旗手として様々な分野で活躍する幸田さんが、か弱くも気高いナナフシからインスピレーションを受けて書かれた初の人間ドラマが本書です。
誇りを無くした男と、夢を失った少女。愛情を注ぎ合う親子のような二人が傷付きながらも再生していく様は、夢と大切な人がいれば人は何度でも生まれ変われるということを教えてくれます。昆虫が苦手な方も、ぜひ。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く