作品紹介

箱館・五稜郭の戦いを指揮したフランス軍人

徳川幕府に軍事顧問として雇われ、
陸軍の近代化にあたっていたフランス陸軍士官、ジュール・ブリュネ。

大政奉還が行われ、幕府が終焉するとともに軍事顧問団は解任されるが、
幕臣・榎本武揚や新選組副長・土方歳三らとの関わりのなかで、
日本人の士道(エスプリ)に心をうたれたブリュネは、
母国での輝かしい未来を捨て、戊辰戦争に身を投じることを決意する。

映画「ラストサムライ」主人公のモデルになったといわれる男を描いた、
歴史エンターテイメント大作。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
戊辰戦争の最終局面、箱館・五稜郭の戦い。この戦争を、幕臣・榎本武揚や新選組副長・土方歳三らと共に戦った外国人たちがいたことをご存知でしょうか。彼らは江戸幕府に雇われ、陸軍の近代化に貢献した軍事顧問団。生粋のフランス軍人たちでした。
主人公のジュール・ブリュネ中尉は母国からの帰還命令に背き、自らが育てた精鋭部隊を指揮するため箱館に向かいます。エリート士官の彼が、母国での輝かしい未来を捨ててまで日本の内戦に身を投じたのは何故だったのか。幕末の日本人の実像がここにあります。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く