作品紹介

平和は終わった!
「イスラム国」からピケティ「21世紀の資本」まで、
大困難の時代に必要な50の知識


「日本が攻撃対象であることを名指しされる時代になりました。
過去ののどかで平和な時代は終わりを告げたかのように見えます。
では、どうすればいいのか。
まずは「敵」を知ることです。
歴史から現代が見えてくるのです。」――「はじめに」より


池上さんが「渦中の人」となった朝日新聞問題や
川上量生さんとのスペシャル対談も収録!


【目次】
ルール1 組織拡大術――「イスラム国」が急成長したわけ
ルール2 トラブル解決法――間違いの謝り方が勝負だ
ルール3 ホンネを見抜く――公開情報から推理する
ルール4 歴史の勉強法――社会人は教科書「世界史A」を読もう
ルール5 究極のリーダー術!?――独裁・中国はどこに行く
ルール6 お金、マネー、資本を知ろう
ルール7 交渉術、プレゼンテーションを磨け
ルール8 ビジネスのカギは科学にあり
ルール9 インタビュー術!――「いい質問」をする秘訣

担当編集者より
平和な時代が終わりを告げ、週刊文春の連載「池上彰のそこからですか!?」の注目は高まる一方です。「イスラム国」から、ピケティの「21世紀の資本」、はたまた自身が「渦中の人」となった朝日新聞問題や、STAP細胞騒動まで、そもそも何が問題なのかを解きほぐし、公開情報から「ホンネ」のところを読み解いているからです。そこから共通して浮び上ってくる「世界のルール」を、「トラブル解決法」や「組織拡大術」「歴史の勉強法」など9つのルールにまとめました。学生にもビジネスパーソンにも必読の一冊です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く