作品紹介

デビュー作でいきなり直木賞候補、その才能は本物だった!
幕末京都を舞台にした奇想の時代小説が書き下ろしで登場

デビュー作『宇喜多の捨て嫁』でいきなり直木賞候補に挙がり、東野圭吾さんが「もっとも面白かった」と高く評価。その後、高校生直木賞、歴史時代作家クラブ賞新人賞を射止め、いまもっとも注目される時代小説界の麒麟児の第2作目の舞台は幕末の京都。坂本竜馬、芹沢鴨、近藤勇、土方歳三、沖田総司、斉藤一、岡田以蔵……歴史ファンに馴染み深い豪華な顔ぶれが続々と登場するが、しかしその内容は誰も想像だにしない野心作だ。
序章、坂本竜馬と中岡慎太郎は、近江屋の隠れ家で語り始める。かつて少年時代、岡田以蔵と人魚の肉を食べた日のこと。以来、人格の変わった以蔵は人魚の肉と血を秘かにずっと隠し持っていたが、京都で浪士組(新撰組)に追われた際にそれを相手に渡してしまったのだ、と。土佐の須崎に伝わる八百比丘尼の伝説によれば、人魚を食べると不老不死になるという。しかし、実際に人魚ノ肉を食べた者たちは妖(あやかし)に憑かれ、信じられない最期を迎えることに――。血の香りにむせかえるような濃密な書下ろし8編!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
昨年、デビュー作『宇喜多の捨て嫁』がいきなり直木賞候補に選ばれた木下昌輝さん。惜しくも受賞を逃しましたが、選評を読むとその実力が本物かもう一作待ってから、といった雰囲気があったように感じました。ならばその期待に応えるものを作ろうと、全身全霊を賭けたのが幕末の京都を舞台にした本作です。坂本竜馬、沖田総司、近藤勇、斎藤一ら登場人物はお馴染みながら、その内容は誰もが驚く野心作。かつて竜馬と岡田以蔵が人魚の肉を食べたことからはじまる奇想の物語を存分に堪能できる書下ろしです。
目次
竜馬ノ夢 5
妖ノ目 41
肉ノ人 95
血ノ祭 151
不死ノ屍 229
骸ノ切腹 275
分身ノ鬼 315
首ノ物語 361

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く