作品紹介

航空機メーカー、四星工業で働く沢本由佳。
担当する練習戦闘機「TF-1」の生産は堅調だったが、
技術者として、新たな開発を手掛けたいと思った彼女は、
「TF-1」をより効率的に運用するための改修開発を提案する。

社内の支持を集めつつあったところに、突如降って湧いたのは、
ライバル企業の開発遅れによって生じた、二百億円の余剰予算。
この二百億円を獲得し、改修開発を実現するため、
社内外を巻き込んだ一大プロジェクトが動き出す!

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く