作品紹介

ついに「週刊新潮」山口瞳氏の記録を抜いて、前人未到の32年目に突入! 「週刊文春」連載エッセイ第29弾。
川崎の中学一年生の男子生徒が殺害された事件について書いた「お母さん、お願い」の回は、批判を含め、様々な議論を呼びました。けれども林さんは言います。「批判されても、思ったことははっきりと言う。それが社会に対する私の責任だと思う。書かなきゃただのおばさんですから」。
飽くなき好奇心と覚悟に裏打ちされた、切れ味鋭いエッセイ。

担当編集者より
「かがやき」に乗って金沢へ、「ななつ星」で九州旅行、京都で香席を体験し、奄美大島や台湾へ行き……相変わらず忙しい林さんの旅のお供は、いつも「本」。近頃の関心事は、若い人達にどうやって本を読んでもらうかということ。林さん自身、美味しいものや美しいものへの好奇心は、本から吸収してきたという気持ちがあるからなのです。
目次
並ぶ人
私の予定
ミュージカルだよ
帽子の話
まるで憶えられない
ふつうのアナタ
生きものへの愛
スカウトされちゃった
元気な人
お母さん、お願い
絆って
金沢の物語
本屋へ行く幸せ
富山セーフ
彼女の場合
着物の運命
感じ悪い
お片づけ
お片づけその2
お金って……
腹が立つこと
ドラマあり
建築家
ヒールの靴
トリとイヌ
思い出すこと
観劇のあと
ごきぶりホイホイ
桃の話
恋は遠い日の……
余計なお世話
ポリスとKGB
ハッピーバースデー
当事者って!
被災地のペット
酒豪志願
地の力
雑誌が教えてくれること
電車に乗って
紙が好き
京都行こう
香席です
誰か止めて
たべる、のべる
一冊の本
ななつ星、おそるべし
私の名前

番外篇 私は結婚できますか? 小林麻耶×林真理子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く