電子書籍
電子書籍

太平洋の試練ガダルカナルからサイパン陥落まで 下

イアン・トール 村上和久訳

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年03月25日
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

実は米軍内も割れていた!

陸海軍と海兵隊の縄張り争い。ニミッツとマッカーサーの足の引っ張りあい。米国側から初めて描かれるミッドウェイ以降の日米戦。

(上巻の粗筋)いがみ合う海軍と海兵隊、キングとマッカーサーの主導権争い
ミッドウェイ海戦からわずか二カ月で、本格的な反転攻勢に出る。その第一歩はガダルカナル。そう主張するキング提督に、マッカーサーは反対する。太平洋における艦隊勢力はまだ日本優勢。早すぎる攻勢は味方を危険にさらす……。が、1942年8月7日、日本がまったく予想のしていなかった海軍と海兵隊による上陸作戦が始まる。それは、戦争史上初めての、陸海空が連携して死力を尽くす戦いだった。

(下巻の粗筋)日本艦隊が挑む最後の総力戦
艦隊決戦はできるのか? 時間は自分には味方していない。米国は時間がたてばたつほどに
巨大な工業製品を次々と太平洋の前線遅滞に送りこんでいる━━。山本五十六のなきあとの連合艦隊の寡黙な司令長官、古賀峯一は、自分が遅かれ早かれ、連合艦隊を投入し、マハンの教えのとおり、戦艦による決戦をいどまなければならないと考えていた。巨艦大和と武蔵を擁した大艦隊で、自分の日本海会戦を戦うのだ。しかし、いつ、どこで?

(本書に寄せられた推薦のひとこと)
いがみ合う海軍と海兵隊、
キングとマッカーサーの主導権争い。
米軍のガ島反攻にはこんなドラマがあったのか!
半藤一利(作家)


最前線の兵士の目から見た
日米両軍の激闘は、
国家の運命を賭けた壮大な交響曲だ。
戸髙一成(大和ミュージアム館長)

担当編集者より
上巻ではガダルカナルでの日米陸海軍全面衝突の戦闘が描かれていますが、下巻ではガダルカナル撤退後の南太平洋、トラック、サイパンなどの死闘が引き続き描かれています。潜水艦を効果的に駆使してインドネシアと日本本土との石油などのシーレーン破壊をもくろむ米軍。にもかかわらず、輸送艦などの海上護衛を怠る日本海軍。工業力の格差が徐々に表出してくる時期の日米戦争の死闘はまさに「国家の運命を賭けた壮大な交響曲」(戸髙一成氏の本書へのコメント)ともいえます。
目次
上巻目次

序 章 ソロモン諸島をとる
日本が開戦四カ月足らずで英米を撃破して掌中におさめたソロモン諸島。だが、一九四一
年八月、米兵たちがガダルカナルにやってきた。

第一章 ガダルカナルへの反攻
キング提督は、ミッドウェイの直後から反転攻勢の足がかりとして日本が飛行場を建設し
ているガダルカナルを攻めることを主張。マッカーサーは反対する。

第二章 第一次ソロモン海戦
上陸したガダルカナルへ物資の輸送を始めた米側に打撃を与えるべく三川艦隊が出動。
酸素魚雷という新兵器と夜戦に長けた日本側は勝利を収めるが……。

第三章 三度の空母決戦
山本五十六はガダルカナル上陸の航空掩護にあたるであろう米空母を撃破する「カ号作
戦」を始動。珊瑚海、ミッドウェイに続く三度の空母戦

第四章 南太平洋で戦える米空母はホーネットのみ
ガダルカナルを巡る地上戦・航空戦は日米共に消耗戦に陥った。徐々に劣勢になる日本軍
の救いは潜水艦による米空母撃破だった。

第五章 六週間の膠着
ガ島をめぐって日米は膠着状態に陥っていた。天皇は痺れを切らし奪還を求める。一方米
国側には、欧州戦線優先の圧力が。

第六章 新指揮官ハルゼーの巻き返しが始まった
彼の「もっとジャップを殺せ!」の雄叫びが米軍兵士を鼓舞。制空権を確保しレーダー射撃指揮装置の脅威が日本を追い詰めていく。

第七章 山本五十六の死
ミッドウェイとガ島でしくじった山本を殺すのははたして賢明か? 暗号を解読してい
たニミッツは自問する。

第八章 ラバウルを迂回する
次はラバウルか。十万近い兵力が動員され長期の包囲戦にそなえ食糧・弾薬が備蓄されるが、
アメリカ軍は、あっさりとそこを迂回したのだ。

下巻目次

第九章 日本の石油輸送網を叩け
日本の戦争構想は、まずその油田を確保し、石油を勢力圏に運ぶそのシーレーンによって
たっていた。米潜水艦部隊は、まずこれを分断しようとする。

第十章 奇襲から甦ったパールハーバー
撃沈された戦艦もアリゾナ、オクラホマ、ユタ以外は引き上げられ復活。新型空母の相次
ぐ建造配備で真珠湾は開戦前より活気が漲り、戦場は中部太平洋へ。

第十一章 日米激突の白兵戦「タラワの戦い」
大艦隊による艦砲射撃などを掩護に上陸した海兵隊は、思わぬ日本軍の猛攻を受け、島は
死臭漂う「墓場」と化した。

第十二章 真珠湾の仇をトラックで討つ
圧倒的な米空母機動部隊による連合艦隊大根拠地トラック奇襲の前に、日本側は不意を討
たれ、大失態をさらした。

第十三章 艦隊決戦で逆転勝利を狙う日本海軍
新型空母の投入で絶対国防圏の死守、戦局挽回をもくろんだものの、開戦以来の熟練パイ
ロットの損失は取り戻せなかった。

第十四章 日米空母最後の決戦とサイパンの悲劇
サイパンをめぐる太平洋戦争最後の空母決戦は、日本軍の惨敗で終わり、とりわけ地上戦
では民間人にも大きな犠牲を強いることになってしまった。

終 章 最早希望アル戦争指導ハ遂行シ得ズ
日本軍の高官たちは密かに認めていた。サイパン陥落は日本にとって新たなる絶望の幕開
けだったと。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く