電子書籍
電子書籍

橋を渡る

吉田修一

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年03月19日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

『悪人』『路』『怒り』の作家が満を持して放つ
2016年最大の話題作。
新次元の群像ドラマ、ここに誕生!

ビール会社の営業課長、明良。
部下からも友人からも信頼される彼の家に、謎めいた贈り物が?
都議会議員の夫と息子を愛する篤子。
思いがけず夫や、ママ友の秘密を知ってしまう。
TV局の報道ディレクター、謙一郎。
香港の雨傘革命や生殖医療研究を取材する。結婚を控えたある日……
2014年の東京で暮らす3人の選択が、
未来を変えていく。

一気読み必至、2016年最大の話題作!

この作品の特設サイトへ(外部リンク)
書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『悪人』『路』『怒り』の作家・吉田修一さんの最新作、舞台はなんと「週刊文春」? 心のバランスを崩しかけた主人公・篤子が、編集部に電話をかけて叫びます。「もっともっと、スクープを読ませて!」押しつけがましい正しさ、行き過ぎた清潔さは、私たちをどこへ連れていくのか。大スキャンダルの影で、忘れられてしまうものとは何か。本書を読み終えたとき、あなたの生き方がちょっぴり変わるかもしれません。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く