作品紹介

この人だけが私で他の人たちが私でないのはなぜか。
すべての人間に意識があるのに、
現実に感じられる意識が一つしかないのはなぜか。
一つはあるのはなぜか。
無限の時間の中で、なぜここが、そしてここだけが〈今〉なのか。

〈私〉の精神を〈私〉から他者に移動させてみる、
あるいは時間を〈今〉から過去に移動させてみるといった思考実験。
また、「時間の矛盾」を主張したマクタガートの議論を通じて、
これまで覆い隠されてきた〈私〉と〈今〉をめぐる問題の核心に迫る。

存在と時間の深遠を問う哲学的冒険!

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く