電子書籍
電子書籍

背信の都 上

ジェイムズ・エルロイ 佐々田雅子訳

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年05月28日
  • ジャンル:エンタメ・ミステリ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

ノワールの巨匠、20年ぶりの警察小説大作!

真珠湾攻撃前夜、LAで日系人一家が惨殺された。彼らはスパイだったのか。人種偏見が渦巻く中、鑑識官アシダ・ヒデオが犯人を追う。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
現代警察小説の創始者、ジェイムズ・エルロイ。あの巨匠が20年ぶりに警察小説の分野に帰還しました。舞台はロサンジェルス。時代は一九四一年――
真珠湾攻撃の前夜に発生した日系人一家皆殺し事件。それを追う日系人鑑識官ヒデオ・アシダ。しかしLAは戦争の恐怖に覆われ、反米とされる日系人たちは次々に収容されてゆく。そんな窮地の中で決死の捜査を続けるアシダ……警察内部の暗闘、汚職、そして荒れ狂うヘイト。唯一無二の電撃的な文体は健在。まさに究極の警察小説です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く