電子書籍
電子書籍

随行記天皇皇后両陛下にお供して

川島 裕

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年09月23日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

12年間にわたりお側に仕え、「生前退位」問題にいたる陛下のお気持ちをもっともよく知る前侍従長が、克明に記録した両陛下の旅の記憶。カラー口絵12ページに写真を収録。

「国内で、海外で、被災地で、両陛下はいつも心を込めて人々と接せられた。一つ一つの場面を思い起こすと、今も感動は新たである」

2003年に宮内庁式部官長に就任、2007年から2015年までは侍従長をつとめた著者は、両陛下の国内外の旅に同行した。戦後60年にあたる2005年のサイパンご訪問、戦後70年のパラオ・ペリリュー島ご訪問という「慰霊の旅」。東南アジア、ヨーロッパ、カナダ、インドなどで国際親善につとめられた「友好の旅」。そして2011年3月の東日本大震災発生以後の、「被災地への旅」。
本書はその旅の克明な記録である。

「何よりも強い印象を受けたのは沿道での人々の歓迎振りであった。空港から田園地帯を通過して御宿舎のある町に向かう途中、多くの人々が道沿いに出ていて、数十メートル毎にいわばかたまりを形成し待ち受けている。そして御車列は、こうした人々のかたまりの前を通過する際にはスローダウンし、両陛下は、御料車の中を覗き込みながら手を振り、あるいは声を上げて歓迎の意を表している人々に対し、出来るだけ一人一人と視線を交わしながら、手をお振りになる。一つのかたまりの前を通過するとスピードを上げ、次のかたまりの前で再びスローダウンするということで、急加速、急減速を繰り返しながら御車列は進むわけである。宮内庁の随行者は御料車の数台後を走行するミニバスに乗っているが、直前に御料車の両陛下をお見上げした達成感からか実に嬉しそうになった人々を次々に眺めると、我々も嬉しくなり、実に素晴らしい体験であった。」(序より)

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
12年間にわたり両陛下のお側に仕え、国内外の様々な旅に随行した前侍従長の記録です。戦後60年目、70年目の節目に赴かれたかつての激戦地への旅、東南アジアやヨーロッパで国際親善につとめられた友好の旅、東日本大震災の被災地への旅。各地で著者が間近に目撃した両陛下のお姿には、胸をうたれます。カラー口絵12ページに多くの写真を収録しましたが、被災地やかつての戦地で深く拝礼されるお姿が強く印象に残ります。
目次


第一部 慰霊の旅

第一章 サイパン慰霊にお供して(平成17年6月27日~28日)
第二章「玉砕の島」ペリリュー島へ(平成27年4月8日~9日)

第二部 友好の旅

第三章 シンガポール、マレーシア、タイ 東南アジア歴訪(平成18年6月8日~15日)
第四章 スウェーデン、バルト三国、英国 ヨーロッパ歴訪(平成19年5月21日~30日)第五章 カナダ 五十六年ぶりのご訪問(平成21年7月3日~17日)
第六章 英国ご訪問 歴史と向き合い続けた六十年(平成24年5月16日~20日)
第七章 思い出の菩提樹の下で インドご訪問(平成25年11月30日~12月6日)

第三部 被災地を訪ねて

第八章 東日本大震災発生 両陛下の一週間(平成23年3月11日~18日)
第九章 七週連続・一都六県 被災者お見舞い(平成23年3月30日~5月11日)
第十章 両陛下 厄災から五年間の祈り(平成23年3月11日~平成28年3月11日)

あとがき
年表

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く