作品紹介

「ママ、EUの大統領に会ってくるわ」
四国香川に住む専業主婦が、一念発起してフランス語を学び、43歳で岡山大学の大学院に入学。三人の子どもの子育てが終わるやいなや、大ブレイクしてしまった。フランス人に美味しい讃岐うどんを食べさせたい一心で、パリで毎年開かれる日本おたくの祭典「ジャパンエキスポ」に出展。「四国夢中人」というNPO(実情はたったひとり)を立ち上げ、手作りのインバウンド事業に乗り出す。
ジャパンエキスポに毎年出展しつつ、四国に欧州人ブロガーを呼び、日本で一番外国人旅行客の少ない四国の魅力を発信してもらうツアーを企画。しかも、ほとんどタダで。そんな母の行動力を長女がブログに書いたところ、それがSNSでどんどん広がり、「ほぼ日刊イトイ新聞」の記者が来る。「ほぼ日」に掲載されたインタビュー「すごいお母さん、EUの大統領に会う」はあっというまにPVが上がり、栄えある「人気コンテンツ」ランキングの上位をキープし、大ブレイク!
フランス人が歩き遍路に強い興味を抱くように、外国人は日本の思いもつかないようなものに魅力を感じている。ひなびた地方都市が、それを発掘するにはどんなことが必要なのか。ヤル気と好奇心さえあれば誰にでもできる、地方創生のヒント満載!
糸井重里氏が帯に記したコピー「勇気より、平気がすごい。」をモットーに、お母さん
は今日も道なき道を行く。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
何げなく開いた「ほぼ日」の人気ランキングページ、すごく面白そうな記事を発見。EUの旗をバックに「お母さん」の横顔が……。それが著者、尾崎美恵さんとの出会いでした。初めて足を踏み入れた四国丸亀で讃岐うどんをすすりつつ、執筆を依頼してから二年。難産の末、生まれた本です。
帯に寄せてくださった糸井重里さんのコピー「勇気より、平気がすごい」の意味をかみしめながら、読んでいただきたい一冊です。必ずや著者の「勇気」が心に届くはず。
目次
プロローグ
ママ、EUの大統領に会ってくるわ

第一章讃岐うどんをパリに売り込む
それは一杯のかけうどんから始まった
そうだ、ジャパンエキスポに参加しよう
自転車で四国運輸局に行く
第二章おもてなしの四国だからこその企画を
他力本願で「四国夢中人」HPを立ち上げる
茶室を造る粋人、茶道部だったフランス人女子大生
ミシュラン三つ星公園で見習い庭師になる
「SUSHI」に並ぶ勢いの「BONSAI」「CHANOYU」
ブローニュの森で四国の大衆演劇を
第三章フランス人はなぜ四国遍路が好きなのか
テロ事件直後の「パリお遍路講演」が超満員
ニューヨークタイムズが四国を選んだ
第四章すごいお母さん、EUの大統領に会う私がEUの大統領にラブレターを送るまで
第五章フランス語が私を世界に導いてくれた
エピローグ
次なるターゲットは過疎の島

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く