作品紹介

パリ暮らし16年で迎えた転機

2014年に結婚を解消してから、TBS「NEWS23」のキャスターを引き受けるまで。
“家には物語がある” 雨宮塔子の住まいと人生を巡るエッセイ。

第一章 「パリ暮らし十六年で五軒目の家 離婚して子供たちと新居に暮らす」

第二章 「思春期を迎える子供たちと部屋のこと。インテリアのこと」

第三章 「六回の引っ越しからまとめる、パリの家選びの条件」

エピローグ 「ママだけじゃない人生」

振り返ってみると、我ながら移動の激しい生活を送っている。離婚を決意してから数年間は、一カ所に一年も定住できずに転々としてきたのだから。(本文より)

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
パリ暮らしが15年を超えた雨宮塔子さんにとって、この数年は「人生の大転換期」でした。パティシエ青木定治氏との離婚後、思春期前の子供たちを連れて雨宮さんは新居へ引っ越します。そして2016年には、TBS「NEWS23」のキャスターという仕事のオファーを引き受けることに。新しいキャリアへの挑戦を前に、いっしょに暮らすフランス人のパートナーはどんなアドバイスをくれたのか。パリの家や暮らしを描くエッセイで、女性として、母としての転機に、何を感じ、どう行動したのかを赤裸々に告白します。
目次
第一章離婚して子供たちと新居に暮らす

パパと別れるという現実に向き合わせること
夢を現実にしてくれる頼もしいアーティスト
バカラ村のゲストハウスのヴィンテージ壁紙
日本から持ち帰る執念の鮭カマ
日仏で違う冷蔵庫のサイズ

第二章思春期を迎える子供たち

ベッドメーキングを徹底指導された私
元夫と購入を決めた “à Vendre”
家から歩いて十分の日曜大工センターへ
トリリンガル用の本棚
ブロカントで出合う一点ものの家具
パリの布地屋さんは見ごたえがある!
パリジャンの子供部屋のデコ

第三章 パリの家選びの条件

“オスマン様式”は物件の中でも根強い人気を誇る
心臓の鼓動が高まるのを感じたラスパイユ大通りのアパルトマン
外国人、シングルマザーという条件のせいか・・・
フランス人のパートナーが後押ししてくれた

エピローグ ママだけじゃない人生

報道番組のキャスターを打診される
娘がいつのまにか大人になっていた
パートナーと子供たちとの会話
心を偽らずに生きるために

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く