電子書籍
電子書籍

日本のマラソンはなぜダメになったのか日本記録を更新した7人の侍の声を聞け!

折山淑美

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年12月02日
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

男子マラソンの日本記録が14年も更新されていないのをご存じだろうか。それでもなお、リオ五輪の男子マラソン中継は視聴率ナンバーワンだった。ちなみに女子マラソンは3位。日本人のマラソンへの興味は尽きることがない。かつて世界で名を轟かせていた宗茂、瀬古利彦、中山竹通、その後も日本記録を更新してきた児玉泰介、犬伏孝行、藤田敦史、高岡寿成、この7人にインタビューし、当時の勝利の方程式、現在のマラソン界の問題点を語ってもらった。彼らの多くが口にしたのが、「練習量が少ない」ということだったが、あとがきのなかで現役の川内優輝が見ている“景色”もまた非常に興味深い。2020年東京五輪で再び表彰台に上るために必要なことが凝縮された1冊である。陸上関係者はことのほか、マラソンや駅伝が好きな方には心からおすすめしたい。7人が日本記録を出した当時の練習メニューも付いている。

≪目次≫
●宗茂 2020年東京で、表彰台に上がるために必要なこと。
●瀬古利彦 24時間マラソンのことを考えなくてはいけない。
●中山竹通 人と同じことをやっていては勝てない。
●児玉泰介 成功と失敗を次のためにうまく利用することが大事。
●犬伏孝行 「日本人トップ」ではなく優勝を狙え。
●藤田敦史 東京五輪を目指す大学生が、社会人になる前に出来ること。
●高岡寿成 チャンスは回ってくると思って、行かなければいけない。

あとがき 川内優輝が見たリオ五輪と三村仁司が見てきた男子マラソン

担当編集者より
男子マラソンの日本記録が14年も更新されていないのをご存じだろうか。それでもなお、リオ五輪の男子マラソン中継は視聴率ナンバーワンだった。ちなみに女子マラソンは3位だ。日本人はマラソンが好きなのだ。かつて世界で名を轟かせていた宗茂、瀬古利彦、中山竹通、その後も日本記録を更新してきた児玉泰介、犬伏孝行、藤田敦史、高岡寿成、この7人にインタビューし、当時の勝利の方程式、現在のマラソン界の問題点を語ってもらった。2020年東京五輪で再び表彰台に上るために必要なことが凝縮された1冊である

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く