電子書籍
電子書籍

切腹考

伊藤 比呂美

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2017年02月24日
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

鷗外を読むことが生きる死ぬるにつながるのである

切腹のエロスに魅せられた詩人が『阿部一族』を自らの声で語り直しながら伴侶を看取るまで。熊本と異国の空を結ぶ新たなる文学誕生


【お詫びと訂正】
本文中に下記の誤りがありました。

158ページ
(誤)「永青文庫につとめていて、『細川家文書 故実・武芸編』などという本まで出している専門家」
(正)「熊大の中の、永青文庫の史料を読み解く部署につとめていた専門家」

283ページ
(誤)「元永青文庫の高濱州賀子さん」
(正)「元熊本大学文学部附属永青文庫研究センターの高濱州賀子さん」

高濱州賀子氏、及び永青文庫にお詫びして、訂正いたします。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く