作品紹介

暗黒時代の幕開けとなるか!?

2017年1月20日。
好感度歴代ワースト1、政治家経験ゼロの嵐を呼ぶ男・トランプが
ついに第45代アメリカ合衆国大統領の座に!

全米各地で反トランプデモが沸騰し、前代未聞の様相を呈するアメリカ。
世界中が固唾を呑んで見守るなか、
トランプ新大統領を追ってアメリカ全土を駆け回り、
想像を絶する「リアル」な情報を現地から電撃レポート!


[トランプ前の世界]

♯OscarSoWhite(♯オスカーは白すぎる)
Bode-shaming(裸を見せる人を蔑むこと)
slank(ビッチビチ)
Love Sponge(ラブ・スポンジ)
Spill The Beans(豆をこぼす。秘密を暴く)
Pee Wee(幼児語で「ちびっこ」)
Underground Railroad(地下鉄道。南部から黒人奴隷を北部に脱出させるネットワーク)
No Stairway To Heaven(天国への階段お断り)
Rape Kit(レイプ・キット)
Agender(アジェンダー=男でも女でもないこと)

■specialreview トランプ解体新書 ファミリーと参謀の謎を解く

Unicorn(ユニコーン=一角獣。評価額10億ドルを超える未上場企業)
Parent Shaming(親叩き)
The Greatest Love Of All(何よりもグレートな愛)
Assault Rifle(アサルト・ライフル=突撃銃)
Cleveland! This is for you.(この勝利をクリーヴランドに奉げる!byレヴロン・ジェームズ)
Inter-Dependence Day(支え合いの日)
Nick,I love you.(ニック、愛してる 映画『ディア・ハンター』より)
A scared cop is an impulsive cop.(ビビった警官は何をするかわからない byノーム・スタンパー)
Meatamorphoses(ミータモルフォーゼス=NYミートパッキング地区の高級化)
Defy Labels(レッテルに逆らえ)
Cringe(クリンジ=痛っ)
Jeah!(ジアー! 水泳選手ライアン・ロクテの造語)
Boner(バカげた失敗)
No refuge could save the hireling and slave.(傭兵と奴隷に逃げ場はない アメリカ国家「星条旗」の一節)
Manhattanization(マンハッタナイゼーション=都市の摩天楼化)
Who's Afraid of Virginia Woolf?(バージニア・ウルフなんかこわくない)
Coulrophobia(コルロフォビア=道化恐怖症)
Oriental Riff(オリエンタル・リフ=欧米が考えるアジアの音楽的イメージ)

[トランプ後の世界]

Pussy Bow(プッシー・ボウ=リボンタイのこと)
The Times They Are A-Changin'(時代は変わる by ボブ・ディラン)
Lex iniusta non est lex(悪法は法ではない)
Sorry, I voted for Trump(ごめんなさいね、トランプに入れちゃったわ)
Western Chauvinists(狂信的西欧主義者)
Post-Truth(ポスト真実)
Heil Trumps!(ハイル・トランプ!)
Eating crow(カラスを食べる=負けを認める)
Off The Grid(水道やガス、電気などのインフラから切り離された状態)

■specialreview トランプ王国へようこそ!

Drain The Swamp(沼の水を抜く=抜本的な政治改革)
Infowars(インフォウォーズ。情報戦争)
Climb into his skin(その人の肌の中に入らなければ)

■specialreview 史上最低の大統領就任式に潜入せり

It's not left vs right. It's right vs wrong.(右か左かじゃない。正しいか正しくないかだ。by クリス・エヴァンス)
Darkness is good.(暗黒はいいものだよ by スティーヴン・バノン)

担当編集者より
トランプ勝利に熱狂するオルタナ右翼とは!?
大統領就任式を襲撃するアナーキストとは!?
8000本ものマリファナを路上でばら撒き!?

トランプを追って西へ東へ。
大混乱のアメリカを、現地から電撃レポート!
町山智浩さんが目撃した、日本人が知らないアメリカの驚きの「リアル」とは?

本書は「週刊文春」人気連載シリーズ単行本第五弾です。
月刊「文藝春秋」に掲載された特集記事に大幅加筆を加え、収録。
澤井健さん渾身の表紙、マジンガートランプも必見です!
目次
[トランプ前の世界]

♯OscarSoWhite(♯オスカーは白すぎる)
Bode-shaming(裸を見せる人を蔑むこと)
slank(ビッチビチ)
Love Sponge(ラブ・スポンジ)
Spill The Beans(豆をこぼす。秘密を暴く)
Pee Wee(幼児語で「ちびっこ」)
Underground Railroad(地下鉄同。南部から黒人奴隷を北部に脱出させるネットワーク)
No Stairway To Heaven(天国への階段お断り)
Rape Kit(レイプ・キット)
Agender(アジェンダー=男でも女でもないこと)
■トランプ解体新書 ファミリーと参謀の謎を解く
Unicorn(ユニコーン=一角獣。評価額10億ドルを超える未上場企業)
Parent Shaming(親叩き)
The Greatest Love Of All(何よりもグレートな愛)
Assault Rifle(アサルト・ライフル=突撃銃)
Cleveland! This is for you.(この勝利をクリーヴランドに奉げる!byレヴロン・ジェームズ)
Inter-Dependence Day(支え合いの日)
Nick,I love you.(ニック、愛してる 映画『ディア・ハンター』より)
A scared cop is an impulsive cop.(ビビった警官は何をするかわからない byノーム・スタンパー)
Meatamorphoses(ミータモルフォーゼス=NYミートパッキング地区の高級化)
Defy Labels(レッテルに逆らえ)
Cringe(クリンジ=痛っ)
Jeah!(ジアー! 水泳選手ライアン・ロクテの造語)
Boner(バカげた失敗)
No refuge could save the hireling and slave.(傭兵と奴隷に逃げ場はない アメリカ国家「星条旗」の一節)
Manhattanization(マンハッタナイゼーション=都市の摩天楼化)
Who's Afraid of Virginia Woolf?(バージニア・ウルフなんかこわくない)
Coulrophobia(コルロフォビア=道化恐怖症)
Oriental Riff(オリエンタル・リフ=欧米が考えるアジアの音楽的イメージ)

[トランプ後の世界]

Pussy Bow(プッシー・ボウ=リボンタイのこと)
The Times They Are A-Changin'(時代は変わる by ボブ・ディラン)
Lex iniusta non est lex(悪法は法ではない)
Sorry, I voted for Trump(ごめんなさいね、トランプに入れちゃったわ)
Western Chauvinists(狂信的西欧主義者)
Post-Truth(ポスト真実)
Heil Trumps!(ハイル・トランプ!)
Eating crow(カラスを食べる=負けを認める)
Off The Grid(水道やガス、電気などのインフラから切り離された状態)
■トランプ王国へようこそ!
Drain The Swamp(沼の水を抜く=抜本的な政治改革)
Infowars(インフォウォーズ。情報戦争)
Climb into his skin(その人の肌の中に入らなければ)
■史上最低の大統領就任式に潜入せり
It's not left vs right. It's right vs wrong.(右か左かじゃない。正しいか正しくないかだ。by クリス・エヴァンス)
Darkness is good.(暗黒はいいものだよ by スティーヴン・バノン)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く