作品紹介

うちの背中の観音様より、色っぽい仏さん、彫ってみ。
目をそらしたらあかん……官能と芸道の間で揺れ動く男と女の業(ごう)

江戸末期の京都。北近江の十一面観音に魅せられた青年、烏(からす)は、
僧になるため京の都にやってきたが、観音像を彫るために仏の道を捨てる。
食うために彼が生業にしたのは、生身の女のあられもない姿を掘り出すことだった……。

団鬼六賞受賞の、注目の女性作家、初の官能時代小説。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く