作品紹介

私たちは、過去を静かに見つめてみるべきなのだ。

遠藤周作、林京子……先達の祈りを胸に
戦場や爆心地を書き継ぐ作家の最新作品集。


【収録作品】

「沈黙のなかの沈黙」――禁教時代の殉教をテーマに、遠藤周作は
『沈黙』という大きな物語を作り上げた。だが、
どんな人にもささやかな祈りはあるのではないか。

「小指が燃える」――――「私」のもとへ、「小説は売れて読まれねば」と言いきる
元政治家の先輩作家と、原爆体験を書き続ける
女性作家の幻が交互に訪れて……

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く