作品紹介

少年は羽生善治の印象を問われると、静かに微笑んだ……。
師匠、若手棋士たち、羽生二冠、渡辺竜王らの証言で綴る将棋界の新星の横顔。
(※貴重なカラー写真満載!)

◎第一章 師弟の七年半

天然パーマで乳歯が抜けていた小学一年生が言い放った
「ここに歩を打たないと勝ちがないから」というひと言。
その出会いから衝撃を受けたプロ棋士・杉本昌隆のもとへ
やがて少年は弟子入りする。「憎たらしいほど強いけど、
将棋盤を離れたら可愛い」と慕われる男の子が
史上最年少棋士として日本中を驚かせるまで
※本人特別インタビュー収録

◎カラー完全保存版
不滅の29連勝を辿る

◎第二章 若手棋士たちの矜持

「私たちの世代が波に飲み込まれてしまう感じがした」
三〇連勝を止めた佐々木勇気六段は対局後こんな風に話した。
天才中学生に意地を見せ「壁」になっている二〇代の棋士たち。
藤井聡太が史上最年少タイトルを勝ち取るには
層の厚い彼らの世代を乗り越えなければならない

※連続インタビュー
永瀬拓矢六段/斎藤慎太郎七段/三枚堂達也五段

◎第三章 迎え撃つ王者

非公式戦で敗れ険しい表情を浮かべ
「すごい人が現れた」と言った羽生二冠。
世間の熱狂に流されずクールな視線を送る渡辺竜王。
中学生棋士としての先輩でもある二人の
タイトルホルダーが藤井聡太という存在について語る

●羽生善治二冠
「藤井四段の弱点が見えない」
●渡辺明竜王
「野球で言うと高卒一年目三割三〇本」

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く