作品紹介

推理小説のように面白い画期的労作!

福沢諭吉をアジアを蔑視する侵略主義者に仕立てあげたのは誰か。定評ある全集と伝記に仕掛けられた周到なトリックを完璧に暴く!

担当編集者より
福沢諭吉はアジア蔑視の侵略主義者である。左翼論壇の一部からはこんな主張が絶えません。確かに『福沢諭吉全集』(岩波書店刊)には清国や朝鮮を下品な言葉で批判した文章がたくさん収録されています。しかし、それを書いたのは実は福沢ではなく、ある人物が福沢が書いたと偽って全集にもぐりこませたのだとしたらどうでしょうか。一体、誰がそんな悪質なまねをしたのか。その目的はなんだったのか。まさに前代未聞というべき「思想犯罪」の謎がついに解明されました。(AM)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く