作品紹介

「男装の麗人」は日中のはざまで不器用にもがいた

男装の麗人とも、東洋のマタ・ハリとも呼ばれたその数奇な一生を、新進女性シンガーが東大修士論文を元に描き尽くした一女性の生涯

担当編集者より
著者の寺尾紗穂さんは昨年メジャーデビューした期待のシンガーソングライター。そのかたわら『QJ(クイック・ジャパン)』誌などで書くエッセイは「向田邦子の再来」と注目されている。この本は、その寺尾さんの最初の本で、東大大学院の修士論文を元に書かれている。男装の麗人として話題をふりまき、戦後はスパイとして漢奸罪で処刑された清朝の王女——川島芳子の劇的な一生をテレビで知った中学生の時から、日中両国で十年をかけて調べあげた「男装の麗人」の新しい女性像に、乞う、ご注目。(HH)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く