電子書籍
電子書籍

人声天語

坪内祐三

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2015年11月20日
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同じシリーズの本一覧を見る

作品紹介

すべてのいかがわしいモノ・人・ことは見逃しません

天声人語のお澄ましした意見では、今の日本のことは何もわからない。この世のおかしさを人声で映す世相コラム集。入試出題続出!?

担当編集者より
「人声天語」、とどこかで見たことのある四文字熟語ですが……いえいえ、それなら「天声人語」。朝日新聞にとって「社説」が新聞社の良心とするならば、「天声人語」は良識の珠玉の結晶とでも申しましょうか。で、話は戻って『人声天語』とは? 「天声人語」のパロディではけっしてありません。「人声」という個人的な声を発して、いまの日本をウォッチしようという意思のあらわれです。著者の坪内さんの「人声」は、この世のいかがわしいもの、人、出来事を見落とさず、必ず激しく反応していくのです。そこがアヤしい、と。(HH)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く