作品紹介

現在、危機に陥っているEU。その成立前史となる欧州統合運動に、じつはチャーチルが関わっていた。大英帝国の復権を野望する彼は、終戦後の米、露、欧州各国の覇権争いを見据えて、"欧州統合の父"と呼ばれた活動家クーデンホーフに目をつける。母は日本人、父はハプスブルグ家伯爵という出自で、欧州ネットワークを持つクーデンホーフ。その清冽な志を利用すべく、老獪な政治家チャーチルは謀略を巡らせる。ふたりの奇妙な協力関係を物語る貴重な往復書簡を読み解きながら、欧州統合前夜の鼓動を描いた歴史ノンフィクション。本書が処女作となる著者は、チェコ共和国のカレル大学へ留学経験もある若き俊英。第11回松本清張研究奨励事業に入選。現在は毎日新聞記者として被災地報道などに携わっている。EU危機について根本的に知りたいビジネスパーソンや、歴史好きの方にもおすすめの一冊です。

担当編集者より
現在の欧州危機の根本的な理由を知りたいビジネスパーソン、歴史好きの方におすすめの1冊です。EU成立前史となる欧州統合運動には、じつはチャーチルが関わっていました。終戦後の米、露、欧州各国の覇権争いを見据えた老獪な政治家は、大英帝国の復権を目論み、欧州ネットワークを持つ活動家と奇妙な協力関係を取り結びます。本書が処女作となる若き俊英による本格派歴史ノンフィクション。(RK)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く