作品紹介

古代ローマ、あるいはルネサンス。先進的な文明、そして数々の芸術作品を生んだエネルギッシュな時代には、いつも知的好奇心あふれる熱き男たちがいた――。
ハドリアヌス、プリニウス、フェデリーコ2世(フリードリヒ2世)、ラファエロ、そしてスティーブ・ジョブズ、安部公房まで。確かな技術と壮大な空想力で時代の一歩先を読み、新たな次元を切り拓いた古今東西のボーダレスな男たちを軸に、『テルマエ・ロマエ』の作者・ヤマザキマリが語る想像力の在り処。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
古代ローマと現代日本を風呂文化でつなぎ大ヒットを記録した漫画『テルマエ・ロマエ』。その作者であるヤマザキマリさんが、ハドリアヌスからラファエロ、スティーブ・ジョブズ、安部公房まで、古今東西いい男たちの魅力を語り尽くします。登場するのは既存のあり方に捉われず、新たな次元を切り拓いたボーダレスな男たち。彼らの魅力を語るうち浮かび上がるのは、負けず劣らずボーダレスに生きてきたヤマザキさんの半生。ルネサンスの種をまき、次なる時代を切り拓くヒントが満載のパワフルな一冊です!(NT)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document