作品紹介

美空ひばり、長谷川一夫、藤山一郎、渥美清、森繁久彌、森光子。
演出家の著者が昭和・平成の大スターにして国民栄誉賞を受賞した6人の足跡を辿り、大衆とスターが織りなす、ひとつの芸能史を紡ぎだします。
著者はステージやドラマの演出を通して、スターたちと直に接してきました。
スターがふともらした言葉、仕事に向かう姿勢、演技を離れたときの素顔などを回想し、その芸の本質に迫ります。

美空ひばりはなぜ「下品」といわれたのか?
長谷川一夫の「科学的」な演技。
最後の「国民的歌手」藤山一郎は「ジャズ」を歌っていた。
知られざる渥美清の素顔。
「戦争をしくじった」森繁久彌が生涯抱えた陰影。
森光子が演技で見せた「非情」の瞬間。

同時代の雰囲気も克明に回顧することで、6人の「傑物」が芸能史において、いかなる存在であったかも浮かび上がってきます。

担当編集者より
本書では数々の名作テレビドラマを演出してきた鴨下信一さんが、国民栄誉賞を受賞した昭和の大スター六人(美空ひばり、藤山一郎、長谷川一夫、渥美清、森繁久彌、森光子)の足跡をたどり、その芸の本質に迫りました。読みどころは何といっても、鴨下さんが直に接した「傑物」たちのエピソードの数々。「本当に悲しくなることがあるの」と打ち明けた美空ひばり、背後の照明のライトが一つ消えたことを察知できた長谷川一夫……。著者の回想と同時代の記憶から傑物と大衆が織りなした「芸能史」が鮮やかに現れます。(HB)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く