作品紹介

食料の6割を輸入に頼る日本。そのうち14%が中国産という現実。
もはや日本の食卓は、中国産食品なしでは成り立たない。
PM2.5の降り注ぐ大地で基準値オーバーの農薬にまみれて育った野菜、
抗生物質を投与された豚肉、規制をすり抜けて流通する遺伝子組み換え食品。
最近では、鉱山から流れ出た重金属が農地や農業用水を汚染している
という報告、ガンや先天性異常と食品汚染の関係性も指摘されています。
問題は、これらの汚染食品が、姿形がわからないほどに粉砕され、
エキスやスープの素となって、原産国不明の加工食品として輸入されること。
厳格といわれる日本の規制も、穴だらけ。
中国の農業・農村研究に40年携わってきた著者が、
「中国産」と表示のある食品を避けるだけでは安心できない、
日本産にも汚染が浸透している実態に迫る問題作。

第一章 見えない食品の恐怖
第二章 中国の食品汚染地図
第三章 食品汚染のヒトへの影響
第四章 なぜ汚染連鎖が絶ちきれないのか
第五章 重金属汚染という新たな難題
第六章 日本の食品は安全といえるか

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
食料の6割を輸入に頼る日本。そのうち14%が中国産という現実。PM2.5の降り注ぐ大地で基準値オーバーの農薬にまみれて育った野菜、抗生物質を投与された豚肉、規制をすり抜けて流通する遺伝子組み換え食品。問題は、これらがエキスやスープの素となり、原産国不明の加工食品として輸入されること。現地では、ガンや先天性異常との関係も指摘されているといいます。中国の農業研究に40年携わってきた著者が、もはや中国産を避けるだけでは安心できない、日本の食にも汚染が浸透している実態に迫る問題作です。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く