作品紹介

2014年3月8日、埼玉スタジアムで開催された浦和レッズ対サガン鳥栖戦において、浦和サポーターによって「JAPANESE ONLY」という差別的横断幕が掲げられた。Jリーグはこれに対して厳しく臨み、Jリーグ初の無観客試合という制裁を下した。
人種差別的かつ外国人嫌悪(ゼノフォビア)に基づくメッセージがスタジアムにも現れたことを受けて、サッカーをこよなく愛する文芸評論家・陣野俊史氏が緊急に書き下ろしたのが本書です。
内容は二つの柱からなっています。
一つ目は、スタジアムでこれまでどのような人種差別事件があったのか。
二つ目は、選手、クラブ、観客などサッカー界は差別とどのように闘ってきたのか。
本書は、この二つの内容を時間的には世界的な選手の移動を加速した1995年のボスマン裁定以後の20年、空間的にはサッカーの本場・ヨーロッパにしぼって詳述しています。
そこから浮かび上がるのは、アフリカ、アジアなどからの移民を受け入れてきたヨーロッパでは、今もなお、人種差別的な事件が起こり、それとの闘いも粘り強く続けられていることです。
多くの事件とその背景が選手の肉声などによって、具体的に明かされていきます。
人種差別的な言動を受けた選手たちのいたたまれない思い、尊厳を毀損された痛み、反撃できないもどかしさなども、身に迫ってくるはずです。
スタジアムで起きることは社会でも起きている、と著者は繰り返し書きます。
日本でも排外主義的な空気が高まるなか、差別を自分たちの問題として考えるための必読のテキストです。

担当編集者より
今年3月、埼玉スタジアムに「JAPANESE ONLY」という人種差別的な横断幕が掲げられ、浦和レッズは無観客試合の制裁を受けました。その事件を受けて、サッカーをこよなく愛する文芸評論家・陣野俊史さんに急遽書き下ろしていただいたのが本書です。ここ20年の欧州サッカーではどのような人種差別事件が起きたのか。サッカーは人種差別とどう闘ってきたのか。「社会に差別があるからこそ、それはスタジアムでも起きる」と著者は言います。私たちの社会の問題として考えるためのよき入口となるはずです。(HB)
目次
はじめに
第1章 人種差別、その事件簿
1.エマニュエル・オリサデベの記憶(2000年)
2.ルイス・アラゴネスの、ティエリ・アンリへの暴言(2004年)
3.ロベルト・カルロスの裏面?(2005年)
4.サミュエル・エトーをめぐる一連の差別(2006年)
5.バロシュ、エムビアを煽る(2007年)
6.ウアドゥ、ケベ、「シュティ」の横断幕(2008年)
7.スアレス、エヴラを侮辱する(2011年)
8.バロテッリとEURO2012
9.ケヴィン・プリンス・ボアテングの勇気(2013年)
10.シムニッチ、ワールドカップの出場資格を失う(2013年)
11.ダニエウ・アウベス、バナナを食す(2014年)
12.NAKAMURAとKAWASHIMAの記憶
第2章 個人史のなかの差別――バーンズ、アネルカ、カランブー
第3章 差別と闘う人々
第4章 コスモポリタンのレッスン
おわりに

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く