電子書籍
電子書籍

君がいる場所、そこがソニーだソニーを去った異端たちの夢

立石泰則

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年03月18日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

先日、あるジャーナリストがこんなことを言いました。
「ホンダもいよいよ“ソニー化”してきましたよ」
戦後日本の象徴的企業であったソニーが、いまや、“ダメな会社”の代名詞として使われるようになったことには、驚きとともに、深い悲しみを覚えました。
筆者の立石泰則氏は、ベストセラーになった文春新書『さよなら!僕らのソニー』で、ソニーがいかにして凋落したのかを描ききりました。これで、ソニーに関する著作は終わりにしよう、そう考えていました。
ところが、ある日、井深大や盛田昭夫といった創業メンバーから薫陶を受けた、古手のOBがこんなことを言いました。
「何物も恐れず、ひるまず、たとえ一人でも困難に立ち向かう姿勢こそが、ソニースピリット。そういう志を持った人たちが、OBであっても、現役であっても、肩書きや組織の大きさに関係なく集まるとき、その場所がソニーになるのです。さまざまな理由でソニーを離れて活躍する人たちに私はこう言いたい。『君がいる場所、そこがソニーなのだ』と。
この言葉に感銘を受けた立石氏は、ソニーを飛び出して活躍する“異端”たちを訪ね歩き、このOBの言葉が真実であることを確認します。
そこで、もう一度、「僕らのソニー」を探す旅に出たのです――。
SuicaやPASMOの技術を開発した日下部進(現Quadrac)、大ヒットシリーズ「WEGA」に搭載された高画質技術DRCを開発した近藤哲二郎(現アイキューブド研究所)を始め、技術からマネジメントまで5人の“異端たち”は今も第一線で活躍しています。そして彼らのいる場所は、たしかに「ソニー」でしだ。
誰もやらないことをやる――今のソニーが失ったソニースピリットがこんなところで花開いていました! 驚くべきソニーOBの五つの挑戦を紹介します。

担当編集者より
ソニー研究の第一人者、立石泰則氏による最新のソニー論です。ここのところずっと、ソニーについて語るとき、どうしても暗い話が多くなりましたが、本書は未来に向けた内容になっています。そこに「SONY」のロゴがついていなくとも、ソニースピリットがある製品、井深大・盛田昭夫のDNAを受け継いだ製品であれば、それは「僕らのソニー」なのです。
目次
プロローグ

第一章 日下部進とクアドラック
2020年 タッチレス改札機の実現へ

第二章 近藤哲二郎とアイキューブド研究所
現実(リアル)に限りなく近い映像

第三章 天貝佐登史とモフィリア
指静脈生体認証のパイオニア

第四章 大木充&林和義とヴォヴァイルジャパン
チェックインTVの誕生

第五章 ソニーショップ「コール徳島店」
誰もが初めてみるソニーショップ

エピローグ

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く