作品紹介

世界を読み解くには
原油価格の知識が必要だ!

2016年年明け早々から下がり始めた原油価格は、わずか3週間の間に
20ドル台まで暴落し、世界の金融市場が連鎖反応を起こして、株価ま
でもが下落するという大パニックを引き起こしました。世界経済に大
きく影響するこの原油価格とは、一体、どのようなメカニズムで動い
ているのでしょうか。中東の石油王たちが裏で取引をしている?
欧米の石油メジャーがそれに横やりを挟んで決定される?
それとも投機筋が陰で暗躍しているのでしょうか?
『石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?』で、エネルギーアナリスト
としての信頼を得た著者が、元商社マンの経験と最新データを駆使して、
そのからくりと今後の予想に挑みます。

第一章 原油大暴落の真相
第二章 今回が初めてではない
第三章 石油価格は誰が決めているか
第四章 石油の時代は終わるのか?
第五章 原油価格はどうなる?

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
『石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか?』でエネルギー問題を考える際に必要な基礎知識を、『日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか』では、過去に遡って「持たざる国・日本」の石油政策を詳らかにしました。その著者が、今回挑んだのは原油価格。2016年初めに20ドル台を記録した暴落の真相は? いつ、どれぐらいまで上がるのか? そもそも石油の価格はどうやってきまるのか? 注目のエネルギーアナリストが石油を軸に世界情勢を見通します。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く