作品紹介

戦後70年を迎え、団塊世代も70代に入った日本。
成長期を終えたこの国で納得のいく最期を迎えるために。
敗戦を経験した作家と注目の僧侶による
老いと死をめぐる対話。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「戦後70年とは、戦後の新しい民主主義日本がオギャーと誕生してから70年が経ったということ。つまり、いまの日本は70歳なんです」。『70歳!』というタイトルは、五木さんのこのひと言から生まれました。高成長を続けるのは、もはや無理だというこの国で、終わらざる老いの日々をいかにして生きるか。日本人の宗教観、戦後置き去りにしてきた「敗戦」に向き合う勇気、そして、決して美しくはない老いの現実と社会との関係まで。死を見つめてきた作家と、僧侶にして気鋭の宗教学者が真摯に語ります。

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く