電子書籍
電子書籍

オバマへの手紙ヒロシマ訪問秘録

三山秀昭

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年09月23日
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

2016年5月27日、オバマ米大統領が、現職の米大統領として初めて、広島を訪問した。米国内ではずっと、「原爆の謝罪につながる」として避けられてきたヒロシマ訪問がなぜ可能になったのか。
筆者は読売新聞のワシントン特派員として3年間アメリカに駐在したが、そのとき、アメリカ人が知っている日本の都市が、東京の次が広島であることに驚き、以来、ずっと広島と原爆に興味を抱いてきた。
そして2011年、広島テレビの社長に就任したとき、ひとつの可能性に賭けてみようと思った。
――2016年のサミットは日本で開かれる。この年はオバマの最後の年でもある。そのとき、広島を訪問する可能性は、ある。
筆者は地元メディア社長として、その人脈をフル稼働して、ヒロシマ訪問を動かしはじめた。
広島市民の声をホワイトハウスに届けた「オバマへの手紙」をはじめ、日米両国でのロビー活動にいそしむなど、慎重に準備は進められた。そして――。
記憶に新しいオバマ訪問の舞台裏を、ダイナミックに描いたインサイドストーリー。
ヒロシマの平和の心を世界へ。
感動の秘話満載のルポルタージュ。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
新聞やテレビの解説とは臨場感が違います! オバマ招聘の裏には、広島、東京、ワシントンという非常に厄介な政治都市ならではの障害が多々ありましたが、それをひとつひとつ乗り越えてゆく過程が、ライブ放送のように迫ってきます。国際政治の舞台裏を覗き見する面白さとともに、被爆地・ヒロシマがたどった歴史、そして平和に対する広島市民の考え方なども、胸に迫ります。付録として、オバマ広島演説の全文を英語、日本語で付けました。大人はもちろん、ぜひ学生たちにも読んでもらいたいと思います。名演説です!
目次
プロローグ
第1章 アメリカにおけるヒロシマ感
第2章 ヒロシマのアメリカ感
第3章 「広島に来てほしい」と言う前に
第4章 平和へのひと筆
第5章 オバマへの手紙第一便
第6章 ホワイトハウスへの直訴第一弾
第7章 「伊勢志摩」に決まる裏ストーリー
第8章 ホワイトハウスへの直訴第二弾
第9章 「オバマへの手紙」特別版 被爆死米兵と森重昭さん
第10章 G7外相広島会合でのハプニング
第11章 直前までの激しい綱引き ケネディとライスのバトル
第12章 十七分間の広島スピーチ
第13章 残されたもの
第14章 「あとがき」ではなく「無題」

〈付録〉
①ヒロシマ、ナガサキ、7つの「?」
②広島平和記念公園で被爆の実相に触れ、慰霊碑に献花した世界の要人
③オバマ広島演説全文(日本語訳)
④オバマ広島演説全文(英文)

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く