電子書籍
電子書籍

超初心者のためのサイバーセキュリティ入門

齋藤ウィリアム浩幸

  • 価格:※各書店サイトで確認してください
  • 発売日:2016年10月21日
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

知ればヨイヨイ 知らなきゃ怖い
面白くてタメになる! 内閣府参与が教える「ITセキュリティレッスン」開講!

あなたの個人情報は毎秒盗まれています。たとえば……
・LINE乗っ取りで社会的信用は1秒で失われる
・位置情報付きの写真投稿が誘拐事件の引き金になる
・ママ友はあなたのフルネームから過去の汚点を検索する
・クラブのお姉さんにスマートフォンの充電を頼んではいけない
・サイバー戦争は核戦争の次の脅威である

思い当たることはありますでしょうか。ITは使いこなした者勝ちですが、進歩が早すぎてついていけていない人には、実は脅威の対象でもあるのです。

著者は米国生まれの日本人。16歳にしてITプログラマーとして活動を始め、医学部に通いながら生態認証システムの技術で特許を取得。後に技術をマイクロソフトに売却し、現在はベンチャー企業支援や民官に対してITセキュリティの啓発活動を行う、という、本業界の世界的トップランナーです。
身近なエピソードから最先端のITセキュリティの知識と対策法が学べる!
スマホ初心者、ITスキルに自信の無いビジネスマンでも「面白い!」と思えるように解説した、著者初めての一般向け啓発書です。

担当編集者より
最新のスマホは持っている、仕事でパソコンを使っている、でもセキュリティについて詳しく考えたことは無いのでは? サイバーセキュリティは「次の戦争の脅威」とも言われるほど、21世紀の必須教養。横文字が多くて難しそう、と敬遠しがちだった貴方のために、今回は身近で面白いエピソードをたくさんご用意しました。この一冊で基礎はバッチリ。難しいこと一切ナシ! 最初の一冊としてご活用ください。
目次
・LINE乗っ取りで社会的信用は一秒で失われる
・サイバー戦争は核戦争の次の脅威である
・ 二〇二五年、人工知能は人類の能力を超える
・サイバーセキュリティは二十一世紀最大の成長産業
・位置情報付きの写真投稿がストーカー事件、誘拐事件の引き金になる
・空き巣はSNSで侵入先の世帯を選ぶ
・恋人や配偶者は携帯電話の位置情報を監視している
・ママ友はあなたのフルネームから過去の汚点を検索する
・過去のSNS投稿で就職の内定が取り消される
・指紋認証は素人でも一秒で突破できる
・職場の機密情報はパソコン内蔵のカメラから盗まれている
・サイバー戦争は核戦争の次の脅威である
・二〇二五年、人工知能は人類の能力を超える
・サイバーセキュリティは二十一世紀最大の成長産業

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く