作品紹介

「プロトコール」とは国際儀礼のこと。人と人との間で守るべきエチケットやマナーがあるように、国家間で守るべきエチケットのことを指す。
儀典官室に十年あまり在籍し、国賓・公賓の接遇や昭和天皇の大喪の礼、今上天皇の即位の礼を裏方で支えた外務省きってのプロフェッショナルが思い出と共に綴る、プロトコール入門書。
チャールズ皇太子とダイアナ妃、歴代アメリカ大統領、趙紫陽、胡耀邦といった中国要人など数々のセレブリティ訪日の舞台裏を描きつつ、国家としての「おもてなし」がどのように行われるのか、一般人の知りえない世界を紹介する。また、外国人に恥ずかしくない招待状の書き方、パーティや会議、レストランでの席次の決め方、車にお客様を乗せるときのマナー、パーティのメニューの決め方や知っておきたいドレスコードなど、グローバルに通用するマナーの基本を説く。
前著『国際儀礼の基礎知識』を外務省出身の佐藤優氏が「ビジネスパーソンの必読書」と絶賛し、話題を呼んだ。

書評・インタビュー

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
「プロトコール」聞き慣れない言葉と思われるかもしれません。しかし、東京オリンピック開催を前に知っておくべきキーワードの一つになりそうです。著者の寺西千代子氏は日本のプロトコール専門家として第一人者。佐藤優さんが新米外交官だった頃、サミットなどの最前線で活躍される眩しい存在の先輩だったとお聞きしました。
ダイアナ妃など訪日セレブの裏話も興味深く読めば自然にマナーが学べる本です。
目次
第一章 プロトコールの専門家を目指して
お礼状は紋切り型でも、とにかく早く出す
儀典官室とは何をするところ?
日本にプロトコールを導入した井上馨外務卿

第二章 国賓・公賓をお迎えするということ
英国で出会ったプロトコールの権威
世紀のロイヤル・ウェディング
国賓と公賓、その違いは?
招待はどのように決定するのか
訪日の見せ場づくり

第三章 プロトコール実践篇
パーティの招待状はいつまでに発送するのか
たかが席次、されど昔は決闘騒ぎまで
テーブル・プランの作り方
間違えると厄介なVIPの敬称
誰もが気になるドレス・コード
ダイアナ妃のティアラ事件
麻生太郎氏に学ぶ靴下のマナー

第四章 ビジネスパーソンのためのプロトコール
ビジネスに役立つプロトコール
外国から大切な賓客を招く
外国人を招いてパーティを開く

エピローグ 伊勢志摩サミットをプロトコールの視点から観る

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く