作品紹介

憧れのマンション・ライフを楽しみながら、いざというときは売却して利益を手にしよう――そんな心積もりでマンションを購入した人も多いでしょう。しかし、現実はそうなりませんでした。
国の推し進めた無茶な住宅政策のおかげで、最初こそローンは楽でしたが、金利はどんどん高くなり、ローンはきつくなるばかり。さらに、不動産市況の低迷で、資産価値は落ちる一方で、築年数によっては大規模修繕や建替えをしなければ資産価値はなくなるというのですが、そんなお金はどこにもありません……。
住宅ローン破産が増え続けるなか、今、マンションを売ってもローンは残り、住むところがなくなるだけです。「下流老人」という言葉に胸をしめつけられる人も増えています。
もはや我々庶民は、苦しみ続けるしか手がないのでしょうか。

そんなことはありません! 「庶民の味方」荻原博子さんが日本各地のマンションを徹底取材して、あなたのマンションを「お宝」に変える手立てを探してきました。たとえば京都の外れの、築41年という中古物件でありながら、何と買った時より2割から5割も価値が上がったマンションがあるのです。

詳しくは本書をお読みいただくとして、ここに紹介されている手法は、どれもあなたのマンションで実現可能なものばかりです。

マンション大崩壊の時代に、一筋の光明が見える。それが本書です。

おすすめ記事

※外部サイトへ移動します

担当編集者より
8年前にマンションを購入した私にとって、まったく他人事ではなく、自分自身の問題として、目を皿のようにして原稿を読み込みました。その結論は、「読んでよかった。次の理事会の議案にしよう!」。我々庶民の唯一の資産であったはずのマンションが、いまやお荷物になっているという現実。この現実は変えられるのです。日々の管理やメンテナンス、そして大規模修繕や建替えなど、すべて具体的な事例を元に書かれていますので、そのまま理事会に提案可能です。
目次
はじめに

第1章
なぜ買ってしまったのか――50代の生活を破壊するマンション負債

第2章
失われる資産価値――続発する欠陥マンション

第3章
建替えという高いハードル――耐震偽装マンションの再生に学ぶ

第4章
あなたのマンションは再生可能か?

第5章
資産価値を守る――マンションのメンテナンス最前線

第6章
マンション管理の経営的視点――「勝ち組マンション」になるために

第7章
築41年の中古物件なのに資産価値が上がり続ける秘密

あとがき

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く