作品紹介

マネ、モネ、ドガやゴッホなどジャポニスムの画家たちを魅了した『北斎漫画』。葛飾北斎が五十五歳のときに地方の弟子たちに教えるための絵手本として刊行した初編から、北斎没後の明治11年に刊行された十五編まで、江戸のベストセラーとなった代表作である。その『北斎漫画』を十八歳のときに購入し、以来四十八年間にわたり約千五百冊を蒐集した質・量共に世界一のコレクターが、本書の著者・浦上満。
そのコレクションの中でも一割ほどしかない希少な「初摺」にこだわり、カラー図版で紹介しつつ、その見どころ、後摺との違いにふれるユニークな入門書となっている。また、ドガやマネ、広重に影響を与えた作品も、ひと目でわかるよう対照して掲載。巻末には、すべて初摺の奥付と共に各編の概要をまとめた一覧付き。

担当編集者より
名前こそ有名だけれど、初めて手に取らせてもらった『北斎漫画』の実物、しかも希少な初摺の本。中を開くと、あらゆる人間たちの生活、風俗と、植物、動物、風景など、まさに森羅万象が、北斎の卓越した筆で描き出されています。ユーモアもたっぷりで、まさに「漫画」のさきがけ。江戸に生きた人々が身近に感じられます。
目次
■出会い頭の衝動買い
■本業は「やきもの」、『北斎漫画』はパッション
■世界一の『北斎漫画』コレクション
■シーボルト・コレクションに買った!?
■ジャポニスムの愛好家たちが見た『北斎漫画』
■北斎VS広重 富士山の頂角をめぐって
■六四年にわたり刊行されたロングセラー
■奥付に見る版元たちの思惑
■ゴッホはなぜ北斎を模写しなかったのか
■『北斎漫画』全十五編概要

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く