作品紹介

青春の冒険を描き共感を呼んだ五木寛之の代表作

モスクワ、ヘルシンキ、パリ。ジャズとセックス、薬。20歳のジュンの冒険を求めた青春の彷徨。熱狂と頽廃の先にあるものは何か

担当編集者より
ジャズ・ミュージシャンを目指す20歳のジュンは、ナホトカに向かう船に乗った。モスクワ、ヘルシンキ、パリ、マドリッド……。時代の重さに苛立ちながら、音楽とセックスに浸る若者たち。彼らは自由と夢を荒野に求めて走り続ける。60年代の若者の冒険を描き、圧倒的な共感を呼んだ、五木寛之の代表作。解説・植草甚一

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く