作品紹介

ともかくも、日本とこの隣国は、交渉がはじまってわずか二百年ばかりのあいだに、作用と反作用がかさなりあい、累積しすぎた。国家にも心理学が適用できるとすれば(げんにできるが)、このふたつの国の関係ほど心理学的なものはない。つまりは、堅牢な理性とおだやかな国家儀礼・慣習だけでたがいをみることができる(たとえば、デンマークとスウェーデンの関係のようになる)には、よほどの歳月が必要かと思われる(あとがきより)。

おもに日露関係史の中から鮮やかなロシア像を抽出し、将来への道を模索した、読売文学賞随筆・紀行受賞の示唆に富む好著。

目次

ロシアの特異性について

シビル汗の壁

海のシベリア

雑談として1

カムチャッカの寒村の大砲

湖と高原の運命

雑談として2

雑談として3

雑談そして4

雑談として5

雑談として6

あとがき

地図

目次
目次

ロシアの特異性について

シビル汗の壁

海のシベリア

雑談として1

カムチャッカの寒村の大砲

湖と高原の運命

雑談として2

雑談として3

雑談そして4

雑談として5

雑談として6

あとがき

地図

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く